UAV

UAV写真測量

UAV
UAV
空撮で、静止画や動画も

空撮で、
静止画や動画も

ABOUT UAV

鳥のように自由に空を飛べたなら…。一度や二度、そう思ったことはありませんか。これまで空撮は、パラグライダー等で大きな手間をかけ、危険と隣り合わせで行っていました。
現在ではUAV(無人航空機)で、高画素の静止画はもちろん4K動画も撮影でき、高いニーズにお応えできます。空から撮影した映像は、見慣れた景色も新鮮に見え、私たちに感動を与えてくれます。

空撮で、静止画や動画も
UNMANNED AERIAL VEHICLE UNMANNED AERIAL VEHICLE
UAV

災害現場や危険地帯のような 人の立入が困難な場面で、 スピーディな活用ができます。

弊社では、従来の測量方法に加え、測量機器にUAVを導入しました。
測量の分野では、UAVをGPS情報で自動航行させて空撮を行い、その画像を使いパソコンソフトで3次元立体形状データを作成します。このデータは、縦横断形状を任意の地点で作成できるほか、オルソ画像の生成、土量計算や景観シミュレーション、災害シミュレーションにも活用できます。
地形測量、縦断測量、横断測量と、同じ場所でも3種類の測量が必要な現在の測量方法に比べ、UAV測量はわずか1回のフライトで全ての測量を行うことができます。この利点を活かし、斜面崩壊・地すべり現場、災害現場、危険箇所など、立入りが困難な場所でスピーディな状況把握ができるので、早期復旧計画策定等に活用できます。

※現場の地形や環境によっては、UAVでの測量ができない場合があります。
※測量精度は、地形等の条件により変動いたします。

UAV
災害現場や危険地帯のような人の立入が困難な場面で、スピーディな活用ができます。

活用シーン

SCENE

活用シーン
イベント撮影
・学校、企業の記念行事撮影 
・広告、コマーシャル用映像撮影
観光PR
・観光PR映像の撮影 
・遊園地、公園等の施設紹介
測量・調査
・道路、農地、造成地等の各種計画予定地の景観図 
・現況図作成、三次元データ作成
・公共施設(橋梁、ダム等の大型構造物、建設物)の老朽化調査や維持管理
・河川、道路、急傾斜地の現状調査やパトロール
災害調査
・土砂崩れ、土石流、地滑り、洪水等、立入が困難な自然災害現場の状況把握と初動調査
・災害復旧箇所の計測(延長・面積・度量測量)や構造物の損傷状況の把握
・火山地形・地すべり挙動調査
工事現場の出来高管理
・工事前の状況撮影、竣工画像 
・度量計算により、事業の進捗率の確認
設計・プレゼン資料作成
・三次元データを利用し、完成後のシミュレーションを視覚的に再現
・三次元データを利用した周辺施設の総合計画
歴史的文化財・考古学的遺跡調査
・建築物、遺跡等の俯瞰、鉛直画像撮影 
・発掘調査の全工程状況撮影

ドローンの紹介

DRONE INTRODUCTION

弊社では、用途に応じて3種類のUAVを利用しています。
また、安全のための運転技能講習を修了した技術スタッフより、徹底した管理体制で作業を行っています。

※損害賠償保険(対人・対物)に加入しています。
SPREADING WINGS S900:対人5億円、対物5億円 / PHANTOM 3 Professional:対人1億円、対物5千万円

PHANTOM 4 Pro V2.0
(DJI社製)

PHANTOM 4 Pro V2.0(DJI社製)

1インチ2,000万画素のCMOSセンサーを搭載し4K/60fpsの動画と14fpsの静止画の連続撮影ができる。前後左右と上方向の合計5方向の障害物を認識し、GPSがなくても障害物を回避しながら安定した飛行が可能。ディスプレイを備えた専用送信機は、高精度で素晴らしい操作性を実現。

PHANTOM 4 Pro V2.0

SPEC

機体重量
1375g
最大飛行時間
約30分
最大通信距離
日本では4km(見通しが確保された状態)
飛行条件
雨・雪なし、風速10m以下
有効画素数・
画像サイズ
2,000万画素
3:2アスペクト比:5472×3648
4:3アスペクト比:4864×3648
16:9アスペクト比:5472×3078
ビデオ録画
モード
H.265
C4K:4096×2160 24/25/30p @100Mbps
4K:3840×2160 24/25/30p @100Mbps
H.264
C4K:4096×2160 24/25/30/48/50/60p @100Mbps
4K:3840×2160 24/25/30/48/50/60p @100Mbps

PHANTOM 3 Professional
(DJI社製)

PHANTOM 3 Professional(DJI社製)

空撮映像がライブ配信された画像を、手元のタブレット端末で確認しながらシャッターを押すことができます。高画質のカメラを搭載しています。

SPEC

重量
約1.3kg
最大飛行時間
約23分
最大通信距離
2km(見通しが確保された状態)
飛行条件
雨・雪なし、風速5m以下
有効画素数・
画像サイズ
12.4M 4000×3000
ビデオ
録画モード
UHD 4096×2160p 25

SPREADING WINGS S900
(DJI社製)

SPREADING WINGS S900(DJI社製)

高性能な多用途マルチローター型ヘリコプターです。軽量・強固・安定性が特徴で、低振動で鮮明な撮影ができます。開脚スキッドと低位置シンバルで広範囲撮影が可能です。目的に応じたカメラを取り付けることだできます。

SPEC

機体重量
3.3kg
フライト時重量
8.2kgまで
最大飛行時間
約18分
最大通信距離
2km(見通しが確保された状態)
飛行条件
雨・雪なし、風速10m以下

空撮そして測量、設計へ

UAV AERIAL SURVEY & DESIGN

正確な飛行ルートの設定

正確な飛行ルートの設定

UAV測量で3D点群データを作成するためには、測量対象エリアを連続ラップ撮影(隣り合う写真が6~8割重なり合うような連続撮影)をする必要があります。DJI社製ドローン測量用自動飛行アプリGS Proは、Google社が提供する地図を見ながら、高度、緯度、経度、飛行速度等、詳細な条件を設定でき、PCで事前に正確な飛行ルート計画を行うことができます。さらに、このソフトには写真測量ツールが備わっているので、正確な飛行ルートを作成することで、フライトミッションを簡素化して達成することができます。現場での急なルート変更や作成が必要な場合でも、このソフトを使うことで、簡単かつ正確にフライコントロールを作成できます。

3D点群データ作成

3D点群データ作成

空撮した写真データを元に、3D点群データを作成します。3Dデータを作成する為に特別なスキャニングシステムは不要で、弊社ではAgisoft社製PhotoScanを使用しています。

CADデータ編集

CADデータ編集

得られた3D点群データを処理します。弊社では福井コンピュータ社製TREND-POINTを使用しており、このソフトでは断面図の作成、土量計算等も行えます。また、CADソフトと連携することで、TREND-POINTで作成したデータをもとに設計を行うこともできます。

使用ソフトウェア

PhotoScan
複数枚の航空写真から、プロフェッショナル品質の地形計測データを生成することができます。また、高解像度のDEMデータおよびテクスチャー付きのポリゴンモデルと、GCPを含む高精度のオルソ画像の生成ができます。
TREND-POINT
PhotoScanから得られた点群データを編集することで、縦断図面の作成や、メッシュ作成から土量計算を行うことができます。CADソフトと連携することで、地形図、立面図、断面図等の各種図面が作成できるので、業務を効率的に行うことができます。

UAV測量の流れ

FLOW

  • 01
    空撮

    空撮

    PCで事前にUAVの飛行ルートを作成し、測量場所でエリア内GPS情報付き連続ラップ撮影(隣り合う写真が重なり合うような撮影)を行います。

  • 02
    連続写真解析・<br>3D点群データ作成

    連続写真解析・
    3D点群データ作成

    空撮した写真データを完全自動計算による高速処理を行い、3D点群データを作成します。

  • 03
    3D点群データ編集

    3D点群データ編集

    得られた3D点群データを処理します。断面図の作成、度量計算や地表面モデルの作成等も行えます。

  • 04
    CADデータ連携・設計応用

    CADデータ連携・設計応用

    CADソフトと連携することで、そのデータをもとに設計を行うこともできます。

TATE CONSTRUCTION CONSALTANT Co., Ltd.